インディケーター-Fの口コミや評判は?あさひの2万円台マウンテンバイクの実力

インディケーター-Fの口コミや評判

あさひのマウンテンバイク、インディケーター-F。

2万円台という低価格帯ですが、その実力はどうなのか?

口コミや評判もふまえて解説します。

街乗り用のマウンテンバイクだ

インディケーター-Fの口コミや評判

インディケーター-Fの特徴を一言で言うと、街乗り専用のマウンテンバイクです。

普通に舗装道路を走るには十分な性能。

でも本格的なオフロードやアクロバティックな走りを楽しみたい人にはスペックが足りません。

買った人の口コミや評判を調べてみると、こんな声がありました。

「街乗り用なら意外と乗りやすい」

 

「値段相応だけど、悪くない」

「ママチャリから乗り換えるなら、これで十分」

満足度が高いのは、通勤・通学用で乗っている人たち。

ママチャリより速くて、タフな自転車が欲しいというニーズにはピッタリ合うようです。

テクトロブレーキの実力は?

インディケーター-Fの口コミや評判

インディケーター-Fは、テクトロというVブレーキが使われています。

テクトロとは、安い自転車に使われていることが多いブレーキです。

性能が心配な人もいるでしょう。

でも、テクトロでもマウンテンバイク用のブレーキなら心配しなくて大丈夫です。

マウンテンバイク用のブレーキは、キュッと止まれるよう制動力を重視して設計されています。

安物のママチャリのブレーキより確実に制動力では上でしょう。

テクトロで評判が悪いのは、ロードバイク用のブレーキです。

こちらはブレーキの利きや使い勝手が悪いという評判が目立ちますが、マウンテンバイク用のブレーキとは全く別物です。

軽いとは言えない

インディケーター-Fの口コミや評判

自転車の世界では重さも大事なポイントです。

インディケーター-Fはどうかというと、あまり軽いとは言えません。

フレームはスチール製。

値段が軽い分、軽量化も値段相応ということでしょう。

軽さを重視するなら、cyma primerなどの安いクロスバイクのほうがイメージに合うと思います。

マウンテンバイクにこだわるなら、値段は少し上がりますがエンデバーGルイガノのマウンテンバイクをおすすめします。

スピードは出る

インディケーター-Fの口コミや評判

インディケーター-Fは軽い自転車だとは言えませんが、スピードは結構出ます。

スピードが出る要因は2つ。

3×7段変速

 

スリックタイヤ

まずは21段階の変速ギア。

これを使いこなすだけで、ママチャリとは別次元の走行性能を発揮できます。

さらに、溝が少ないスリックタイヤ装備。

これが走り心地に大きく影響しています。

普通のマウンテンバイクは、オフロードで走れるようにゴツいブロックタイヤを装備しています。

頑丈なのですが、軽い走り心地にはなりません。

タイヤ

ところがインディケーター-Fの場合、ロードバイクと同じスリックタイヤ装備。

このタイヤは溝が少ないから路面抵抗が少ないのが特徴。

グングン加速できるので、実際に乗ってみると軽い走り心地を楽しむことができます。

本格的なロードバイクのスピードには及びませんが、そこそこ速くてタフさが欲しい人にはちょうどいいです。

フロントサスペンションはどう?

インディケーター-Fの口コミや評判

インディケーター-Fは、フロントサスペンションが付いています。

ただし、このサスペンションも街乗りを意識したものです。

歩道の段差を乗り越えるぐらいのイメージなら良いのですが、道なき道を走れるほど本格的なものではありません。

間違っても高いところからジャンプしたり、宙返りなんてしないでくださいね。

インディケーター-Fは街乗り専用。

アクロバティックなパフォーマンスがしたいなら、もっと良いものを買いましょう。

あさひはネット通販が安い

いかがでしょうか。

インディケーター-Fは街乗り専用と割り切れば、タフな自転車として長く乗れそうです。

歩道の段差を気にせずガンガン走れます。

ちなみに、インディケーター-Fはあさひの通販サイトで買うほうが実店舗より安くなる場合が多いです。

事前に値段をチェックして注文してくださいね。

>>詳細はこちらから

あさひ エンデバーGの評価は?街乗り中心・マウンテンバイク初心者なら大満足

あさひ エンデバーGの評価

あさひのマウンテンバイク、エンデバーG。

カッコいいデザインですが性能のほうはどうなのか?

評価が気になる人向けに解説します。

目的で評価が分かれる

あさひ エンデバーGの評価

細かい内容を説明する前に、まず全体的な評価についてお話します。

エンデバーGは、乗る人の目的によって評価が分かれるマウンテンバイクです。

街乗り中心で乗る人:コスパが良い

 

オフロード中心の人:性能が足りない

 

エンデバーGのサスペンション、タイヤ、ブレーキを見ると、街乗り中心で走る人向けになっています。

街乗りを想定するなら、何も不自由はありません。

エンデバーGはスピードが出るので、タフさを生かしてガンガン乗り回せます。

エンデバー-Gの評価

操作性はシンプルでクセが少なく、メンテンスも楽。

マウンテンバイク初心者でも戸惑うことは少ないはずです。

逆に、本格的なオフロード走行をイメージしている人には物足りないでしょう。

もし本格的なオフロード走行をイメージしているなら、あと3万円ぐらい上の価格帯で探すことをおすすめします。

なぜエンデバーGは街乗り向けマウンテンバイクと言えるのか?

詳しく見ていきましょう。

サスペンションから確認

エンデバー-Gのフロントサスペンション

マウンテンバイク選びでは、まずサスペンションを確認します。

・フロントサスペンションのみ(ハードテイル)

 

・前後にサスペンションあり(フルサスペンション)

 

他にもサスペンションなしのマウンテンバイクもありますが、基本的にはこの2種類です。

エンデバーGは、フロントサスペンションのマウンテンバイク。

初心者にはフルサスペンションよりも操作性がダイレクトな感じで扱いやすいです。

あさひ エンデバーGの評価

ちなみに、エンデバーGのサスペンションは63mm。

マウンテンバイクとしてはストローク幅(沈み込み)が少ないものを採用しています。

沈み込みが少ないサスペンションはパワーロスが少ないので、舗装道路を走るのに向いています。

加速性能を意識しつつ、多少の段差なら平気。

エンデバーGは街乗り中心を想定しているので、このようなバランスになったのでしょう。

もしあなたが山奥で道なき道を走りたい本格派なら、フルサスペンション(ダブルサスペンション)のマウンテンバイクを選ぶべきです。

悪路による強い衝撃を吸収できないとフレームが壊れてしまうからです。

山道・オフロード

ただし、フルサスペンションは街乗りでは邪魔になることがあります。

フルサスペンションは衝撃を和らげて乗り心地をアップする反面、ペダルが重く感じて軽快さはダウンします。

舗装された道路ではマイナス面が目立ってしまうのです。

タイヤが街乗り向き

あさひ エンデバーGの評価

エンデバーGが街乗りを意識しているのは、タイヤを見ても分かります。

エンデバーGのタイヤはセミブロックタイヤ。

完全なブロックタイヤよりも路面抵抗が小さくて、スピードを出しやすいです。

未舗装の悪路ではブロックタイヤには及びませんが、砂利道程度なら安定して走れます。

中途半端だと思う人もいるかもしれませんが、使い勝手は意外と良いです。

いつもは街乗りだけど、気まぐれで未舗装道路も走れる。

雨の日の安定感もいいし、絶妙なバランス配分になっています。

さらに、エンデバーGのタイヤは27.5インチを採用。

26インチより加速しやすく、29インチよりも操作性が高い。

街乗り中心で乗るという目的に特化していることが分かります。

ブレーキがVブレーキ

あさひ エンデバーGの評価

エンデバーGのブレーキも街乗りを想定していることが分かります。

エンデバーGのブレーキは、Vブレーキ。

Vブレーキは制動力が強く、部品数が少ないから安くてメンテンスしやすいのが特徴。

街乗り中心の人から見ると、デメリットが見当たらない優秀なブレーキです。

ところが道なき道をアクロバティックに走る人から見ると、デメリットがあります。

泥づまりで制動力が落ちるのです。

オフロードの泥

そのため、本格的なマウンテンバイクはディスクブレーキが主流です。

ディスクブレーキは泥づまりで性能が落ちることがないし、軽く握るだけで強力なブレーキがかかります。

悪路で体力の消耗が激しい環境下で走るのに最適な一方で、値段が高くてメンテンスも大変です。

エンデバーGは街乗りに最適なVブレーキを使っている。

エントリーモデルとしての乗りやすさを重視していることがよく分かります。

重さは値段相応

あさひ エンデバーGの評価

次はエンデバーGの車体重量を見てみましょう。

車体重量は16.6kg。

4万円台でフロントサスペンション付き、21段変速なら優秀だと思います。

軽さや性能を追求していくと値段が跳ね上がってキリがありません。

そもそも軽量化を重視する人はクロスバイクを選ぶべき。

エンデバーGの売りはタフさと軽快さのベストバランスです。

通勤・通学用で乗る人が多め

いかがでしょうか。

エンデバーGは街乗りを意識したマウンテンバイクで、購入者も通勤・通学で乗っている人が多いです。

ロードバイクよりタフ。

扱いが雑でもOK。

歩道の段差を気にせず走れる。

このような点に魅力を感じる人には、良い相棒になってくれるでしょう。

エンデバーGは実店舗で買うよりネット経由のほうが安いことが多いです。

事前に値段をチェックして注文してくださいね。

>>詳細はこちらから

電動マウンテンバイクYPJ-XCをレビュー!試乗して感じたことを大公開

電動マウンテンバイクYPJ-XCをレビュー

今回紹介するのは、YAMAHAの電動マウンテンバイクYPJ-XCです。

見た目がかっこいいですよねえ。

近未来のバイクみたいな、スタイリッシュなデザイン。

試乗してみた感想や、注意点などをまとめました。

一番の長所は乗り心地だ

YPJ-XCを試乗してみた感想

YPJ-XCの長所は、なんと言っても乗り心地です。

ロードバイクやクロスバイクにはない、快適性がクセになります。

YPJ-XCの場合、2つの要素が乗り心地に大きく影響しています。

・タイヤ

 

・フロントサスペンション

タイヤは、MAXXIS製の27.5×2.25。

マウンテンバイク用の太いタイヤですね。

YPJ-XCのタイヤ

YPJ-XCに限った話ではありませんが、タイヤが太くなるとタイヤ自体が衝撃を和らげてくれます。

ロードバイクやクロスバイクと比べると、お尻への負担が全然違います。

YPJ-XCはタイヤに加えて、フロントサスペンションが良い仕事をしています。

フロントサスペンションはROCKSHOX RECON GOLD 120mm。

YPJ-XCのサスペンション

オフロードの悪路を想定したサスペンション。

街なかで乗れば多少の段差なんて気になりません。

ちなみに、YPJ-XCはサスペンションの沈み込みを制限するロックアウト機構があります。

YPJ-XCのロックアウト機構

サスペンションの動きに違和感があったら、これを使えば解決。

メンテナンスの知識がない人でも「カスタマイズしてる感」を味わえて楽しいです。

バッテリーの位置と見た目がナイス

YPJ-XCのバッテリーはかっこいい

スポーツ自転車は見た目も大事です。

最近の自転車って性能は良いものばかりなので、最後は見た目が決め手になります。

電動マウンテンバイクでは、バッテリーが見た目の印象を左右します。

フレームがかっこよくてもバッテリーが目立つと台無しになることもあります。

そういう意味では、YPJ-XCの見た目レベルは高いのではないでしょうか。

YPJ-XCのレビュー

バッテリーが真四角ではなくて、フレームに沿ってカーブしてるのがいい感じ。

フレームと一体感があります。

他の電動マウンテンバイクと比べてみましょう。

例えば、benelli TAGETE27.5。

benelli TAGETE27.5

こちらも良いマウンテンバイクですが、バッテリーに注目してください。

バッテリーがかなり目立ちませんか?

電動マウンテンバイクを選ぶときは、バッテリーの性能だけでなく見た目も意識してくださいね。

毎日乗るならYPJ-TCのほうが便利かも

最近は自転車通勤・通学でスポーツ自転車に乗る人が増えていますね。

毎日の移動手段という視点から、YPJ-XCを見てみましょう。

毎日乗ることを前提に考えると、気になるのが泥除けとキャリアがないことです。

特に泥除けは大事だと思います。

泥除けがないと泥が跳ねます。

雨が降った翌日に走ると、背中が泥の水玉模様になってしまうことがあるのです。

毎日乗るなら、YPJ-TCのほうが便利かもしれません。

YPJ-TC

こちらは電動クロスバイクになりますが、泥除けとキャリアが標準装備。

通勤や通学など、街なかで毎日乗るならこっちのほうが便利だと思います。

マウンテンバイクにこだわるならYPJ-XCに後から自分で泥除けを付けるのもありです。

サドル下に収納できる折りたたみ泥除けなどもあります。

バッテリー性能は十分

YPJ-XCを試乗した感想

バッテリーの性能も見ておきましょう。

YPJ-XCの場合、スタンダードモードで108km走れます。

1日中走る人でも、これだけ走れれば十分ですね。

100kmと聞くと、とてつもない距離に感じます。

でもアシストがあれば、鍛えてない人でも走れてしまうから驚きです。

ただ、最近のバッテリーは進化しています。

どのメーカーでも性能的には十分なので、自転車選びの決め手にはなりません。

バッテリー性能以外の点に注目して、選ぶことをおすすめします。

アシストなしでも重くない

電動マウンテンバイクYPJ-XCをレビュー

昔の電動自転車は、バッテリーが切れたら地獄でした。

重くて乗れたものではありません。

でも、それは昔の話。

今はバッテリーが切れても普通に走れます。

ちなみに、YPJ-XCの車体重量は約21kg。

これは普通のママチャリと同じぐらいの重さです。

バッテリーが切れても、ママチャリに乗り慣れている人なら普通に走れます。

サイズは日本人に合わせた3種類

YPJ-XCのサイズと適応身長

スポーツ自転車選びでは、身長がネックになることがよくあります。

身長が低いと選択肢が限られてしまいます。

その点、YPJ-XCは安心です。

3サイズ用意されていました。

Sサイズ:身長156センチ~

 

Mサイズ:身長165センチ~

Lサイズ:身長178センチ~

日本人の体格に合うサイズ設定で、乗りやすいです。

150センチ台でも乗れるものがあるというが嬉しいですね。

本格派だけど初心者におすすめ

いかがでしょうか。

YPJ-XCの性能はかなり本格的です。

砂利道だろうが段差が多い道だろうが、平気で走れるスペックを持っています。

一番の長所は、初心者でも手軽に乗れるところ。

特にカスタマイズしなくても乗れるので、これから趣味としてマウンテンバイクに乗りたい人には合うと思います。

電動アシストのおかげで、体力に自信がなくても思い切り走る楽しさを満喫できる。

外に出たくてウズウズしてきました。

【詳細はこちらから】