トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ【パンクしにくくて長持ちする自転車】

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

今日はトラッドラインWリミテッド-Hについてお話したいと思います。

見た目はシンプル。

そしてタフさが自慢の自転車なのですが、実際のところどうなのか?

私のご近所さんで、この自転車を持っている人がいたので話を聞いてきました。

長持ちする自転車というのは本当か

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

トラッドラインWリミテッド-Hで一番気になるのが、耐久性は本物なのかどうかです。

実際どうなのか確認するなら、乗っている人に聞くのが一番!

そこで私のご近所さんの登場です。

トラッドラインWリミテッド-Hの乗車歴は約2年。

ほぼ毎日2時間以上乗っているそうです。

かなりのヘビーユーザーですね。

走行距離はかなりのもののはずですが、現時点で目立ったトラブルはないんですって。

評判通り、なかなかの耐久性です。

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

改めてスペック表を確認すると、いいパーツを使っています。

高耐久の自転車と言えばBRIDGESTONEのエアルトやキャスロングなども有名ですが、頑丈さなら負けていません。

トラッドラインWリミテッドがオリジナルブランドでなければ、価格は今より1万円以上高くなっても不思議じゃない。

それぐらいのスペックはあります。

乗り心地はどうなの?

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

ご近所さんにお願いして試乗させてもらいました。

思ったより重くないし、サドルの質がいいのかお尻が楽です。

ちょうどいいクッション性なので、乗り心地は上々でした。

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

ブレーキが静かなのが良いですね。

スピードを出していても音鳴しないし、感触もしっくりきます。

トラッドラインWリミテッドのタイヤは、分厚い耐パンクタイヤなのに乗り心地はスムーズ。

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

タフさが売りの自転車とは思えないぐらい、楽に乗れました。

ブレーキの質は値段に直結

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

ブレーキの質の差は、値段の差に直結しています。

安物のママチャリと比べると、違いがよく分かりますよ。

特に坂道が多い地域の人や、雨の日も乗ることが多い人はブレーキの質は大事です。

トラッドラインWリミテッドの場合、前輪:Wピボット・後ろ:ローラーブレーキ。

Wピボットは止める力が高くて、しかもタイヤを不自然にロックしないからコントロール性も高いです。

よくロードバイクなどでも使われます。

ローラーブレーキは、静かで雨でも安定するのが長所です。

ライトの範囲が広くて見やすい

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

トラッドラインWリミテッド-Hで夜、走ってみました。

ライトが、いい仕事してますよ。

2灯オートライトで、レンズが2つに分かれています。

1灯ライトよりも2灯のほうが、光が届く範囲が横に広いですね。

このライトは残光機能もついてます。

残光機能とは、自転車がストップした後もしばらく明かりが残る機能のことです。

信号待ち中など、一時停止してるときも光ってくれるから車の運転手からよく見えます。

残光機能は家の駐輪場でも役に立ちますよ。

駐輪場に入ったあと、すぐ真っ暗にならないのは意外と便利でした。

足回りがカッコイイ

トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ

私が個人的に良いなと思ったのが、チェーンカバーなどの足回りのパーツです。

よく見ると、結構カッコイイ!

もちろん見た目だけじゃありません。

サビに強いハイガードチェーンを使っているから、多少雨に濡れっぱなしにしても大丈夫。

外に放置することが多い人には嬉しいポイントです。

毎日乗るなら質にこだわって正解

いかがでしょうか。

評判通り、長持ちする自転車であることは間違いないようです。

実際ご近所さんのトラッドラインWリミテッド-Hも、すでに数年乗ってるのに買った時と変わらない感じで乗れます。

時間が経つほど、質の差が出ますね。

安い自転車は3年も乗ればどこかに違和感が出てきます。

長い目で見れば、良い自転車を乗り続けるほうが賢い選択なのかもしれません。

耐久性重視の自転車は地味な印象になりがちですが、トラブルなく長く乗れるのは立派な長所。

大事な人には、こういう安全な自転車に乗って欲しいです。

>>詳細はこちらから

速いママチャリが欲しい人へ!3つの個人的おすすめを大公開

速いママチャリ

毎日乗るママチャリ。

どうせなら、速くて快適なものが欲しいですよね。

今回は、個人的に気に入った3つの自転車を紹介します。

特徴や実際に乗ってみた感想をまとめました。

オフィスプレストレッキング-J

速いママチャリ

まず最初に紹介するのは、オフィスプレストレッキング-Jです。

この自転車は、クロスバイクに限りなく近いママチャリと言えばいいでしょうか。

厳密に言えばクロスバイクなのですが、設計はママチャリとクロスバイクの中間的です。

オフィスプレストレッキング-J

まず特徴的なのは前カゴ。

ビジネスバッグを入れるのを想定して、横に広い前カゴがついています。

さらには泥除けやチェーンケースが標準装備。

速いママチャリの口コミ

服の汚れを防止するパーツは、ママチャリなら当たり前の装備です。

でも、普通のクロスバイクにはありません。

フレームの形はクロスバイクそのものです。

ペダルをこぎやすい前傾姿勢で乗ることになるので、慣れは必要かもしれません。

スポーツ用のクロスバイクは大げさに感じる人には、こういう中間的な自転車が合うと思いますよ。

>>詳細はこちらから

マークローザ7S

マークローザ7sの口コミ

次に紹介するのは、BRIDGESTONEのマークローザ7S。

先ほど紹介したオフィスプレストレッキング-Jよりも、さらにクロスバイク要素が強い自転車です。

平均的なママチャリより5kg軽いアルミフレーム。

その上に、服の汚れを防止するチェーンケースや泥除けを装備しています。

速いママチャリ

荷物については、ハンドルの前に棚(フロントキャリア)があります。

前カゴはオプションで、後付です。

速いママチャリ

前カゴなしでもバッグを載せることはできます。

専用の前カゴを買うのもありですが、百均や雑貨屋さんで好みのカゴを買ってきて設置するのも面白いかもしれません。

木箱を設置した!というオシャレな人も見たことがあります。

マークローザ7Sは色々な自転車屋さんで見かけます。

でもやっぱり実店舗で買うよりも通販のほうが安くなることが多いようです。

【詳細はこちらから】

トラッドラインS

速いママチャリ

最後に紹介するのは、トラッドラインS。

こちらは純粋なママチャリタイプ。

重さも平均的なママチャリとほぼ同じで、軽いわけではありません。

ではなぜ紹介したのか?

理由は「ペダルのこぎやすさ」です。

普通のママチャリがスピードを出しづらいのは、重さだけが原因ではありません。

乗っている人の姿勢こそが、最大のネックです。

トラッドラインS

トラッドラインSの場合、無理のない自然な前傾姿勢で乗れるから加速しやすく感じました。

ハンドルやサドルの配置がよく考えられています。

ペダルも滑りにくい構造になっているから、力のロスが少ないです。

速いママチャリ

先ほど紹介した2つの自転車はクロスバイクの要素が強かったですよね。

厳密に「速いママチャリ」というカテゴリに相応しいのは、こういう自転車なのかもしれません。

トラッドラインSはサイクルベースあさひのオリジナルブランド。

通販で買うと、店舗で買うより安い場合が多いです。

>>詳細はこちらから

自転車CLIFTINO(クリフティーノ)の口コミ【かっこいいから高校生男子に人気】

自転車CLIFTINO(クリフティーノ)の口コミ

CLIFTINO(クリフティーノ)という自転車。

見た目がシックで、かっこいいですよねえ。

実はこの自転車、見た目だけじゃないんです。

今回はCLIFTINO(クリフティーノ)の特徴についてお話しします。

意外と軽い乗り心地

自転車CLIFTINO(クリフティーノ)の口コミ

最初に、実際に乗ってみた感想をお話ししたいと思います。

初めて乗った時思ったのが「意外と軽い」

見た目が注目されやすい自転車なのですが、乗り心地が軽くてスイスイ走れます。

スペック表を見ると重量は18.5kg。

平均的なママチャリより1kgぐらい軽いでしょうか。

数字では小さな差なのですが、乗り比べると数字以上に軽く感じます。

おそらく重心設計が上手いのでしょう。

力が無駄に分散せず、加速力になっているように感じました。

見た目重視で選んだ人には、うれしいサプライズですね。

ハンドルはステンレス製でサビにくい

CLIFTINO(クリフティーノ)の見た目は最大の長所。

こういう自転車は、いかに綺麗な状態をキープできるかというのも大事です。

CLIFTINO(クリフティーノ)は2018年モデルから、ハンドルがステンレス製になりました。

自転車CLIFTINO(クリフティーノ)の口コミ

サビにくくなったのは嬉しいですね。

どんなに良いデザインでも、ハンドルがサビたら台無しですから。

フレームのほうは塗装がしっかりしてるので、たまに乾拭きしてあげればずっと綺麗です。

長く乗り続けられる自転車に進化した…と言ったら大げさでしょうか。

めんどくさがりに安心のオートライト

CLIFTINO(クリフティーノ)はかっこいいので、高校生や大学生男子にもすごく人気があります。

高校生や大学生が乗る自転車で大事なポイントがライトです。

CLIFTINO(クリフティーノ)は自動で明るくなるオートライトを使っています。

オートライト以外だったら、危ないですよ。

自転車CLIFTINO(クリフティーノ)の口コミ

オートライトは単なる便利グッズではありません。

数少ない自転車の安全装置だと思います。

めんどくさがりな人は、ライトをつけるのも忘れがち。

車に乗る人なら、無灯火で走る自転車の危険性が分かりますよね。

CLIFTINO(クリフティーノ)はオートライト装備に加えてBAAマーク付き。

親目線で見ても良い自転車です。

デザイン性と安全性を両立しているのが、一番の長所なのかもしれません。

大きい前カゴでストレスフリー

CLIFTINO(クリフティーノ)がよくできてるなと思うのは、前カゴです。

自転車CLIFTINO(クリフティーノ)の口コミ

ぱっと見ただけでは大きく感じないのですが、意外と大きいです。

底を測ってみると、横幅は31センチもありました。

荷物をいっぱい載せたい人にはちょうどいいサイズ。

使い勝手も考えられています。

写真以上に高級感抜群

CLIFTINO(クリフティーノ)は写真で見てもかっこいいですが、実物は写真以上に高級感がありますよ。

カラーリングがとても綺麗です。

単に鮮やかなというだけでなくて、落ち着いた優しい色合い。

自転車CLIFTINO(クリフティーノ)の口コミ

はっきり言って、安物のママチャリと比べたら一発でわかるぐらい違います。

若い人にはブルー。

大人にはクラシックグリーンやブラウンが人気のようです。

値段と性能の良いバランス

いかがでしょうか。

ここまで色々と紹介してきましたが、欠点らしい欠点が思い浮かびません。

しいて言うなら、ベルが左についてることぐらい?

これ以上高性能の自転車を求めるなら、ブリジストンのエアルトなど4万円以上する高級自転車を買うしかないでしょう。

ちなみに、CLIFTINO(クリフティーノ)は時期によって値段がしょっちゅう変動します。

タイミングが良ければ、セールで3万円以下になりますよ。

【詳細はこちらから】