Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)のレビュー!口コミで分からない実力は?

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)って、とってもオシャレですよね。

でも単にオシャレ・かわいいだけの自転車ではありません。

実際に乗ってみると、実用性も兼ね備えていることがよく分かります。

今回はKukka-Maaria(クッカ-マーリア)の特徴を徹底レビュー致します。

ハンドルの形状が良い

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)のハンドル

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)を見て、「なかなかやるな」と思ったのはハンドルです。

ハンドルの角度が絶妙。

すごく楽に乗ることができる形です。

サドルの高さを合わせれば、自然と良い姿勢で乗ることができます。

口コミで「バランスが良い自転車」だと言っている人がチラホラいるのは、このハンドルのおかげ。

正しい姿勢でバランスがよくなったように感じるのです。

特に小柄な女性からは、乗りやすいという声が多くあがっています。

重さは平均ぐらい

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)のレビュー

自転車の乗り心地に大きく影響する、車体重量。

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)の重さを確認すると、ママチャリの平均とほぼ同じ19.7kgでした。

数字だけ見ると軽くもなく、重くもありません。

でも実際に乗ってみると、軽いと感じる人も多いようです。

その理由は、先ほど説明したハンドルの形状が優秀だから。

姿勢良く乗れてバランスが安定するので、感覚的には軽く感じる人が多いのです。

特に安いママチャリから乗り換えた人は、軽いと言う人が多い傾向があります。

もし軽さを重視するなら、SIGNE(シグネ)などもおすすめです。

サドルの固さはどう?

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)のサドル

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)には、かわいいサドルが付いています。

ちょっと気になる口コミを発見しました。

「サドルが固いので1時間乗るとお尻が痛くなった」という情報があったのです。

でも、私が試しても固いとは感じません。

確かに柔らかいとは思いませんが、十分に普通の範囲内です。

そこでもう一度口コミを見直してみて気づきました。

「1時間乗ると」と書いてありますね。

よく考えたら、大抵のママチャリは1時間も乗ればお尻が痛くなります。

どんなに柔らかいサドルでも、1時間乗りっぱなしはお尻に良くないでしょう。

サドルの固さが心配な人もいるかもしれませんが、気にする必要はありません。

オートライトは必須の時代

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)のオートライト

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)のライトは、オートライトです。

最近の自転車は、オートライト搭載車が増えましたね。

昔ながらのダイナモ式がずいぶん減りました。

理由を調べてみると、単に便利だからだけではないようです。

安全面を考慮してオートライトが普及しています。

オートライトが普及してから、車と自転車の事故は減少傾向です。

(歩行者との事故は増加してるけど)

買う時はライトを気にしない人が多いですが、これからの時代はオートライトが必須になるのかもしれません。

スムーズな6段変速

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)の変速機

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)は6段階の変速ギアがついています。

特に珍しい機能ではありませんが、使ってみると動きがスムーズ。

さすがはシマノ製ですね。

シマノは自転車部品でトップシェアの日本企業です。

自転車整備士の人はシマノ製ならとりあえず安心と口を揃えて言いますよ。

ちょっとしたことですが、こういう細かいところの積み重ねが品質の差です。

単なる安物とは違います。

静かなローラーブレーキ

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)の口コミ

私はローラーブレーキの自転車が大好きです。

静かなブレーキは、乗っていて気持ちがいいです。

古くなっても「キー!キー!」っていう不愉快な音鳴りがないので、何年も乗りたい自転車にはピッタリ。

ローラーブレーキは劣化に強くて、品質が安定しているところも長所。

安全性に直結する部分なので、長寿命が自慢のブレーキは嬉しいポイントです。

前カゴは汚れが目立たない

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)の前カゴ

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)の前カゴは、優しいブラウン。

サドルやハンドルグリップと同じ色です。

サイズは十分な大きさで、網目はやや大きめ。

大きい網目のおかげで、汚れがつきにくい気がします。

たとえ汚れても目立ちません。

小さいものを前カゴに入れる人は要注意ですが、普通はバッグやレジ袋などを使うから大丈夫。

バランスよく乗れるから、荷物を入れてもスイスイ走れます。

スカートでも乗りやすい

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)のレビュー

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)のフレームは、かなり低くなっています。

足を高く上げなくても乗れる。

スカートでも気にせず乗れるから、女性には嬉しいポイントじゃないでしょうか。

ドレスガードも標準装備なので、スカートの巻き込み防止もバッチリ。

BAA取得で信頼性アップ

BAA安全基準

BAAってご存知でしょうか?

BAAとは、日本独自の厳しい安全基準のこと。

少し前に安くて質の悪い輸入自転車が増えた時期があって、それに対抗するために生まれた基準です。

安全テストを何万回もして、合格したもの自転車だけが取得できます。

BAAマークがあれば、品質については問題ないと判断してOKです。

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)もBAA合格済。

信頼性が格段に上がりました。

最新価格は要チェック

いかがでしょうか。

Kukka-Maaria(クッカ-マーリア)は見た目ばかり褒められますが、意外と細かいところも配慮が行き届いています。

注意点は、値段が時期によって変動すること。

cymaでは定期的にセールを行なっているので、最新価格は要チェックです。

自転車の需要が高まる春は在庫がなくなりがち。

特にブラウンは売り切れやすいので気を付けてくださいね。

【詳細はこちらから】